当日MAP

当日MAP/完全版タイムテーブル大公開!

SPECIAL特別企画

森道堆肥セッション

最高の音楽と、美味しい食べ物と素敵なモノを楽しむ3日間。

「森道堆肥セッション」は、音楽のセッションのように、楽しみながら生ごみを回収するプロジェクトです。昨年は会場で約2tの生ごみを回収して、7,000Lの堆肥が完成しました。

今年も会場内で出た生ごみを集め、茅葺き屋根のコンポストステーション(竹とカヤで制作して、全て粉砕して材料になりました)と合わせて、微生物とみみずの力を借りてコンポスト(堆肥)化、数ヶ月熟成した良質な推肥は、植物の生育を助けます。食べて終わりではなく、残ったら集めて堆肥にすることで、資源を地球に還すことができます。

今年は出店者に生ごみ回収袋と、昨年の材料で作った「森道ソイル」を渡しています。生ごみが堆肥になって、それを使って栽培したものが来年の森道の糧になる。循環の輪を切らない「地球とつながるセッション」に皆さんが参加しています!

コンポストステーションでは「森道ソイル」を使ったハーブポットが登場します。是非土に触れて、微生物のチカラを感じてください。

森道堆肥セッションとは

「森道堆肥セッション」は、音楽のセッションのように、楽しみながら生ごみを回収するプロジェクトです。

会場で出た生ごみを集め、微生物とみみずの力を借りてコンポスト。数ヶ月熟成させた良質な推肥は、地球に選り植物たちが育つのを食べて終わりではなく、残ったら集めて堆肥にすることで、資源を地球に還すことができます。

去年参加者の皆さんから集めた生ごみからできた堆肥、「森道ソイル」が今年のイベントではハーブポットとして登場します。
地球とつながるセッション=回収を共に楽しみましょう!

集めた生ごみとステーションの発酵・分解

BLUE COMPOSTインスタグラムにて堆肥化の様子を発信します。果物の皮や、貝殻、建物の竹などがどんどん土のように変化します!2025年の森、道、市場で堆肥となって帰ってきます。

秋には森道コンポストを使った実際の畑での野菜栽培を見学し、味わえるコンポストイベントを計画しています、BLUE COMPOSTのインスタなどでご案内いたします。肥料(堆肥)によって、野菜の味を決めることが出来ます、来場者、飲食出店シェフ、取引農家の皆様の参加をお待ちしています。

BLUE COMPOST

森道堆肥セッション主催
堆肥化担当CTO:高谷裕一郎(五段農園 代表)

BLUE COMPOSTのロゴマークの“C”は途切れたループ、循環の最後のピースを繋ぐのが私たちのミッションです。循環の先にあるのは青い地球での持続可能な暮らし。

捨てればただのゴミになるモノを資源として地球に還すには微生物のチカラを借りる必要があります。各地に自立分散的でタフな循環と農のある「小農コミュニティ」づくりを目指して活動しています。

https://bluecompost.studio.site
https://www.instagram.com/bluecompost/